夫に浮気されて大ショック。でも、一番大切な子供のために職探しからのスタート

浮気の疑惑が確信へと変わったとき、私は27歳、元夫25歳、浮気相手21歳でした。私は正社員、元夫はアルバイト、浮気相手は学生という、一般的には珍しいケースだったと思います。

自由に遊び放題の夫に、我慢できない!すると逆切れして離婚を口走る

家族は子供が二人、元夫の両親と同居していました。今思うと、私は元夫のことが何故か大好きでした。他の人にはない魅力というものがあったからです。しかし元夫は自由奔放な人で、アルバイトという身でありながらも遊びたい放題でした。

そのことに我慢できなくなった私は、今まで思ってたことをぶちまけました。その後元夫は、糸が切れたかのように「離婚」という言葉を口にし始めました。離婚しか口にしない元夫。精神的にも疲れ果ててました。

そんなとき実の両親からずっと言われていた言葉。「子供たちには笑顔を見せていなさい。子供には色々伝わってしまうよ。」この言葉を聞いたとき涙が溢れてきました。子供たちを守っていかなければならない!それしか頭にありませんでした。

ラインで浮気してる夫の証拠を集め、義両親に相談するも解決にはならず

それからしばらくして元夫の携帯に、ラインの通知音が鳴りました。画面には「好きだよ」との文字。それを見たときの私は冷静でした。財布や鞄の確認をすると、浮気相手とキスしているプリクラ、ラブホテルの部屋番号の書かれた紙が出てきました。それらを証拠としてカメラにおさめました。

その頃には元夫とは会話をすることはほとんどなかったので、私は元夫の両親に相談しました。すると「○○はそんなことしない。あなたにも悪いところがあったんじゃないのか。」とのことを言われました。

さらには「もう○○(元夫)はいないものとして考えて、もう少し頑張ってみたら」と言われました。元夫の両親は、孫と離れたくなかったのでしょう。しかしもう、夫の家にいなければいけない理由など、どこにもないと思いました。

夫と離婚するために、まずは仕事探し。慰謝料・養育費のこともキチンと考える

それからはどうしなければいけないのか考えました。離婚してこの地を出るのであれば、新たに仕事を探さなくてはいけない。慰謝料・養育費などを確実に貰うためにはなど、様々なことがありました。

まずは仕事探しです。小さな子供が二人もいるし、何の取り柄もない私なので、一番に職の心配をしました。インターネットであらゆるサイトに登録したり、ハローワークにも出向いたり。今の私の現状を話し、全てを理解した上で採用していただけた会社にも出会えました。

そして次は慰謝料や養育費。残念ながら私の持っていた証拠では十分な証拠とは言えず、慰謝料はなくなく諦めました。養育費に関してはきちんと公正証書という法的に有効なものを作成しました。

「離婚」という言葉を言われたときには自分が自分じゃなくなるぐらい落ち込みました。でも自分の大切なものを考えました。子供です。そのときにはこんな自分じゃダメなんだという気持ちになりました。今では子供たちと毎日、楽しく過ごしています。

まとめ

子供が2人いながら自由に遊び放題で、その上浮気だなんて信じられませんね。この体験談では自分で浮気の証拠を掴むため、ラインの内容や浮気相手のプリクラなどをカメラに収めていましたが、結果証拠不十分で慰謝料を受け取ることができませんでした。浮気の証拠はプロに相談することが一番確実です。

最近、SNSがきっかけで浮気が発覚することはよくあるようです。こちらの体験者は離婚してしまいましたが、1度浮気が発覚して逆に仲が深まったケースが紹介されていました。この体験談は妻の浮気が発覚した記事です。
【妻の浮気】LINE(ライン)に残された妻の浮気トークに愕然