女は吹っ切れたら強い。浮気をしても反省ゼロ夫に、5年で愛想をつかして離婚

夫の浮気に最初に気がついたのは私が32、夫が35の時でした。当時子どもはまだ2才で、私も専業主婦で動きがとれない中だったため調べることもあまりできないままでした。

夫の浮気相手は会社の後輩。寝てる間に、開いたままの携帯からバレる

相手の女性は会社の後輩で入社2年目の若い女の子、一応成人している年齢だったことが不幸中の幸いでした。もしも、アルバイトなどの未成年の女の子が相手だったら、他の問題も起きてきますから。

浮気に気がついたきっかけは、夫がうっかり開いたままにしていた携帯に女の子のメッセージが表示されたことです。眠たい時に無理してメールやラインなどしてバレるというのは多いみたいですね(苦笑)

すぐさまにウトウトしている夫をたたき起こし、事情を聴きました。その時の夫の態度はかなりおどおどして悪いことがバレたどうしようといった様子でした。反省というよりは、「やべー」と困ってる感じでした。反省するような性格なら、最初から浮気や不倫などしません。

とにもかくにも、夫も相手の女性の家族からしたら加害者です。相手の親に謝罪に行き、相手の親は私に謝罪をして別れるので穏便にすませてほしい(仕事は辞めずにこのまま続ける)ということで一旦は収束したのです。しかし、それは表面上のこと。

1週間で夫の浮気が復活!暴言を浴びせかけられ、悲しくって眠れない

1週間もたたずに夫は、相手の女の子を仕事帰りに自宅へ送るなど交際を復活させていたようです。この話は夫本人から聞かされたものです。夫は1週間の間に、自分たちのことは棚にあげて、暴言を浴びせてきました。

すべては妻である私のせいで、「恥をかいた、結婚したのがそもそも間違いだった、こんなのと結婚した俺は馬鹿だ、実家へ帰れ、養いたくない」など言われました。浮気発覚当時は夫のことを好きでしたから、裏切られた悲しさで不眠にもなりました。

その上このような酷い言葉を言われ、「優しかった好きだったはずの夫はどうしたのだろう」と混乱してしまいました。それから約2年は関係を修復しようとして、元の夫に戻ってくれる日がくるだろうと耐えていました。

もうこれ以上、夫に期待するのは無駄。養育費をもらって離婚しましょ

しかし、3年目からは考えが変わりました。私の気持ちに変化が起きたのです。もうこれ以上期待はしてもムダ、離婚の方向で考えていこうと。経済的な理由により別居はできませんでしたので、離婚までずっと同居という形で、この間3年経過しています。

このことは、夫の方が精神的に辛かったみたいです。女性はふっきれたら強いです。もう好きとか嫌いという気持ちすら捨ててしまったので、完全に平常心を取り戻していました。そして浮気発覚から離婚まで、5年の歳月が経ちました。

離婚した現在は、落ち着いた生活をしています。親権は私です。養育費はしっかりもらっていますので、子どもと元夫が会うのは自由という約束です。

元夫は浮気を後悔しているのかどうかそれはもう話すこともありませんが、憎み合うことももうありません。復縁もありません。現在は、そんな淡々とした感じですね。憎み合える、文句を言い合えるうちはまだお互いか、どちらかが、何かしらの執着がある時だと思います。